会社沿革(年表)

昭和8年

京阪セロファン工業所開設。
創業者横山和久平がセロファン卸売及び加工業を開始。

昭和25年

資本金50萬円で法人に改組。
「京阪セロファン株式会社」と称し、企業及び業界の発展に対処する。(初代社長 横山和久平) 

昭和29年

大阪支店を開設。

昭和31年

本社事務所、工場を京都市右京区山ノ内に建設。

昭和36年

資本金を1,200萬円に増資。
東京支店開設。
中小企業庁長官より表彰を受く。

昭和38年

資本金を3,000萬円に増資。
埼玉工場を松伏町に建設。

昭和39年

資本金を5,000萬円に増資。
札幌支店を開設。

昭和47年

本社工場及び本社販売課を京都工場・京都支店と改称。

昭和49年

北海道工場を岩見沢市に建設。

昭和50年

資本金を7,500萬円に増資。

昭和58年

埼玉工場が軟包装衛生協議会の認定工場に指定される。

昭和61年

本社及び京都支店を移転、併せて京都工場を移転・新設。

昭和62年

京都工場が軟包装衛生協議会の認定工場に指定されると共に、京都府より中小企業モデル工場に
指定される。

平成元年

資本金を1億2,500萬円に増資。
北海道工場が軟包装衛生協議会の認定工場に指定される。

平成6年

資本金を2億1,000萬円に増資。
九州営業所開設。

平成7年

埼玉工場を移転・新設し、つくば工場と改称。

平成12年

ISO9001認証取得。(京都工場及び技術開発部・営業部)
資本金を3億125萬円に増資。

平成13年

ISO9001認証拡大取得。(つくば工場、北海道工場)

平成14年

京都支店と大阪支店を併合移転し、関西支店と改称。

平成15年

ISO14001認証取得。(京都工場、つくば工場、北海道工場)
札幌支店を北海道工場内に移転し、北海道支店と改称。

平成22年

会社設立60周年。
北海道工場に新棟建設。

平成25年

但田哲男 社長就任。
創業80周年。

平成28年

ISO9001:2015及びISO14001:2015移行審査合格。現在に至る。