これからの衛生管理・品質管理・環境管理の活動


加工衛生管理

軟包装製品は食品や製菓を包む製品です、中身を保護しお客様が食品や製菓を買う気にさせるための
綺麗でかつ安全・安心な軟包装製品でなければなりません。
安全・安心な軟包装製品を提供するために、全生産工程において衛生管理( 防虫・防鼠・異物混入
防止 )の強化に取り組んでおります。
衛生管理は従業員の衛生管理意識を高めなければ実現できないと考えて、衛生管理教育にも力を
入れております。


品質管理

ISO9001マネジメントシステムの目的は「顧客満足」です、お客様からの苦情がないことが
顧客満足度が高いことではありません。
顧客要求事項が満たされていても顧客満足が保証されているものでもありません。
市場の変化や大きな事件の発生から波及するお客様の要求も生まれてきます。
それらのお客様の要求を誠実にお答えすることが「顧客満足」と考えており、そのために
管理体制を強化したり、継続的に品質改善をすることにより管理レベルを向上させ、お客様へ
品質と安全・安心な軟包装製品を提供することを進めていきたいと考えております。


環境保全活動

ガソリン、農産物、原材料の値上がりという身近な変化として、環境問題は私たち一人ひとりの
生活にも影響を及ぼすようになってきました。
昨今、地球温暖化ガス( CO2 )を削減するために国家的な提唱がなされております。
当社では、エネルギー消費の抑制、廃棄物削減によるCO2の削減に努めてきました、さらなる削減に
貢献したいと考えております。



当社の自主行動計画

2010年度より、京都工場から順次、VOC対策及び省エネルギーを推進する事により、
所属団体の自主行動計画と、当社の環境理念が合致します。


カーボンマネジメント

カーボン・フットプリント( CO2排出量表示 )を普及させる取り組みも検討されており、
マテリアルフローコスト( どれくらいの原材料からどれくらいの軟包装製品を製造・販売したか、
生産活動によるCO2など、どれくらいの環境負荷物資を排出したかを金額で分かる )と併せて、
「カーボンマネジメント」の仕組みを作っていきたいと考えております。

CarbonFootPrint.png